MIRAGE GALLERY | MIRAGE NEWS
18965
page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-18965,page-child,parent-pageid-1815,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive
  • Sort Blog:
  • All
  • 2017
  • 2018
  • Art
  • Asia
  • Mei House
  • Mirage
  • Mt.ROKKO
  • Photography
  • Project
  • RAIEC
  • Report
  • TAGAWA
  • WAVE
  • wine & photography
  • Workshop
  • 未分類

MIRAGE TVまもなくスタート!!

新しい試みとして、MIRAGE TVというYouTubeチャンネルができました。 記念すべき初回は、現在Mirage Galleryで開催中の展覧会「My Collection by Takeki Sugiyama」 クロージングトークショーの模様を生配信します。 2/9(土)午後6時から。もう間もなくスタートです! ぜひご覧ください! Mirage TVチャンネルはこちら ⁠MIRAGE TV⁠⁦‪youtu.be‬⁩ ...

明けましておめでとうございます。 Mirage Galleryの氏川です。 みなさま年末年始いかがお過ごしでしたでしょうか。 2019年もみなさまにとって素晴らしい一年となりますように。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。     さてMirage Galleryでは、1月12日より 私のコレクションー私はどうして写真作品を集めるのかーと題し、 ギャラリーディレクター杉山武毅のコレクション展を開催します。 数あるコレクションの中から特に思い出深い作品を展示します。 会期中は作品のブラインドオークションを実施するほか、 クロージングトークショーの模様をYouTubeでライブ配信する予定です。 新たな試みにどうぞご期待ください。   ******************* 私のコレクション -私はどうして写真作品を集めるのか- 2019年1月12日(土)- 2月10日(日) 出展作家 John Delaney Garrett Hansen Jean Laughton Richard Tushcman David Schalliol Takamoto Yamauchi 岡原功祐ほか ******************** 関連イベント 杉山武毅トーク&レセプション 2019年2月9日(土)午後6時から   ポートフォリオレビューの実際:公開ポートフォリオレビュー 2019年2月10日(日)午後2時から   イベント詳細は随時ご案内いたします。  ...

Mirage One 2018 参加作家紹介 #8 吉田篤司

こんにちは。Mirage Galleryのウジカワです。 現在開催中のMirage One 2018。早いものであと4日となりました。 今回のグループ展には、Unknown Asiaや六甲山国際写真祭、関西御苗場などから選ばれた10名の写真家が展示参加しており、 RAIEC写真表現WORKSHOP マスタークラス第一期生の修了展も兼ねています。 本ブログでは、参加写真家のみなさまからのメッセージをご紹介しています。 今回ご紹介するのは、吉田篤司さん。 吉田さんはRAIEC写真表現WORKSHOPを受講され、今年の六甲山国際写真祭にも参加されていました。 以下、吉田さんからのメッセージです。   **************************** 吉田篤司  Atsushi Yoshida こんにちは。 ミラージュワン写真展に参加している吉田篤司です。 六甲山国際写真祭のポートフォリオレビューにレビューイとして参加した事がご縁で、今回の写真展に参加させていただきました。 写真を撮り始めたころは風景写真を撮っていましたが、六甲山国際写真祭に参加して、ストーリーテリングでの作品表現を知り、作品作りを始めました。 私は、愛知県で生まれ、学生時代まで過ごしました。 その後、仕事の関係で親を残して愛知県を離れ今に至ります。故郷を離れて数十年が過ぎてしまいました。 忙しい毎日でしたが、あっと言う間に時が経ち、気が付けば、故郷に古い家と、年老いた親がいました。 何も変わらないと思っていたものが、大きく変わっていた現実を目の当たりにしました。思えば、仕事に夢中になっていた間に、長い時間が過ぎていたのです。 そんな虚しさを作品にできればと、故郷へ戻るたびに、写真を撮りためてきました。 親が長年使っている椅子、手入れしていた庭など、長く経た家や過ごした街を写真に収める事で、あっというまに過ぎてしまった時間の穴を埋めている気がします。 © Atsushi Yoshida 今回はその作品の中から、3枚を展示しております。 お時間ございましたら、是非ご覧下さい。宜しくお願い致します。22日は在廊致します。色々なご感想をお聞かせ頂ければ幸いです。 **************************** 吉田さんありがとうございます。 吉田さんも参加されるトークショーは12月22日(土) 開催です。   Mirage One アーティストトーク&忘年会Party 日時:12月22日(土)午後6時から午後8時半頃まで 参加無料 日頃の感謝を込めまして、みなさまと楽しいひと時を共有できると嬉しいです。 ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。 ご参加いただける方は「参加する」にチェックをお願いします。   Mirage One 2018  会期:2018.12.8(土)-12.23(日) 12:00-18:00 月火祝定休 *23(日)は祝日ですが通常どおり営業します 展覧会詳細は コチラ  ...

Mirage One 2018 参加作家紹介 #7 足立健司

こんにちは。Mirage Galleryのカシマです。 現在開催中のMirage One 2018。会期も残すところあと5日となりました。 今回のグループ展には、Unknown Asiaや六甲山国際写真祭、関西御苗場などから選ばれた10名の写真家が展示参加しており、 RAIEC写真表現WORKSHOP マスタークラス第一期生の修了展も兼ねています。 こちらでは参加写真家のみなさまからのメッセージをご紹介しています。 今回ご紹介するのは、7人目となる足立健司さん。 足立さんはRAIEC写真表現WORKSHOP 一期生として受講され、 今年、六甲山頂でのMei House Photography Workshop 2018や六甲山国際写真祭にも参加されていました。 以下、足立さんからのメッセージです。 **************************** 足立健司 Kenji Adachi 大阪府在住。日頃は小さな事業を経営して、営業の最前線にいる生活をしております。 1991年3月に初カメラを購入し、同年4月にパリ、フィレンツェを旅した事が契機となり、写真活動を開始して現在に至っております。 昨年よりMirage Galleryさんとご縁が出来て、RAIEC写真表現WORKSHOPを受講させていただき、今年修了致しました。 更にMei House Photography Workshop2018にも参加。 そして 六甲山国際写真祭2018 WORKSHOP REVIEWに参加する事が出来ました。   作品紹介としましては、普段から人物写真(女性の被写体)が撮影の大半を占めているのですが、 今までとは全く違う事が何か出来ないかと自分なりに模索いや迷宮の中を彷徨っていたところ、 RAIEC写真表現WORKSHOPの中で気づきやヒントの様なものを得る事が出来て、自分自身の日常生活の中から今回の撮影テーマに巡り合いました。                          ...

Mirage One 2018 参加作家紹介 #6 鈴木かずなり

こんにちは。Mirage Galleryのウジカワです。 現在開催中のMirage One 2018。早いもので会期も折り返しとなりました。 今回のグループ展には、Unknown Asiaや六甲山国際写真祭、関西御苗場などから選ばれた10名の写真家が展示参加しており、 RAIEC写真表現WORKSHOP マスタークラス第一期生の修了展も兼ねています。 本ブログでは、参加写真家のみなさまからのメッセージをご紹介しています。 今回ご紹介するのは、鈴木かずなりさん。 鈴木さんは今年の六甲山国際写真祭にも参加されていました。 以下、鈴木さんからのメッセージです。   **************************** 鈴木かずなりと申します。 学生の頃に初めて一眼レフを購入してから、気が付けば20年、写真に関わって生活しています。 都市の風景をスナップしたり、売れないインディーズバンドを何年も追っかけて撮ったりしていましたが、2017年が私にとって大きな転換期で、それから私にとって写真が変わりました。 福島で目にした非現実的な景色と心臓手術。病気をして思ったのは自分の事は自分ではわからないという事です。 オリジナル、リアル、ストレート、ドキュメンタリー、感覚とか写真に付き纏うテーマよりも、写真を使ってわかりづらい毎日の生活を考えるきっかけになればと思うようになりました。 作品は意識についての考察です。手術した後に、予期せぬ体調の異変が起きるようになり、意思と無意識について改めて考えるようになりました。 私が切り取った景色は何百年も前から見られてきた場所で、今までどれだけの人がこの場所で感動したかと思うと想像が広がります。 全く意識をしていない事に、強く影響を受けている事が日常生活で多くあるという事を考えるきっかけになればと思います。                                           ©Kazunari Suzuki  誰もが簡単に写真を撮れる環境の今の時代に、写真でどうやって表現するかの正解は1つではなくなりました。 全ての人に身近になった時に、改めて写真を使って表現する事を考えるのはとても刺激的で、時には辛い作業ですが、色々な人と繋がれるツールだと思うと面白いです。 22日は在廊予定です。よろしくお願いします! **************************** 鈴木さんありがとうございます。 鈴木さんも参加されるトークショーは12月22日(土) 開催です。   Mirage One...

Mirage One 2018 参加作家紹介 #5 岡本健さん

こんにちは。Mirage Galleryのウジカワです。 現在開催中のMirage One 2018。早いもので会期も折り返しとなりました。 今回のグループ展には、Unknown Asiaや六甲山国際写真祭、関西御苗場などから選ばれた10名の写真家が展示参加しており、 RAIEC写真表現WORKSHOP マスタークラス第一期生の修了展も兼ねています。 本日メッセージをご紹介するのは、WORKSHOP生の岡本健さん。 岡本さんは会社勤めの傍ら、精力的に作品を制作しておられます。 以下、岡本さんからのメッセージです。 **************************** 岡本 健 Ken Okamoto 岡本健と申します。 2016年に六甲山国際写真祭にレビューイとして参加し、 今回MirageGallery写真表現ワークショップでMirageOneに参加させていただきました。 写真は社会人になってから撮り始め、主に会社の行き帰りや休みの日に撮っています。 今回の作品「無銘の窓」ではそんなか撮った窓と人のシーンを展示しています。                                            ...