MIRAGE GALLERY |
0
archive,author,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

Mei House 2018 アフターレポートvol.1 / 田中光夫

Mei House 2018が2月23日から2月25日まで六甲山上で開催されました。 今回は参加者の田中光夫さんからアフターレポートが届きましたのでご紹介します。   MeiHouse Workshopを終えて   「写真家になりたい」という夢を抱えたまま、早30年が経ちました。 大阪芸術大学、写真学科を卒業し、プロのカメラマンとしてのキャリアをスタートさせた私は、神戸新聞社での勤務を経て、故郷の鹿児島で写真館を創業する道を選びました。 鹿児島は日本の中では辺境の地にあって、それ故に写真展なども皆無。情報が遮断された状態が長く続きました。 写真館の経営に没頭するあまり「見てみぬフリを決めこんでいた」と言った方が、もしかしたら正しいのかもしれません。 ところが一昨年、屋久島で写真家をやっているという人物に出会い、考えが一変します。 その友人から聞いた話では 1)写真界では今「ポートフォーリオレビュー」なるものがあって、世界各国で活況を呈しているらしいこと。 2)写真家を目指す名もなき新人たちの登竜門となっているらしいこと。 3)また、その門戸は誰に対しても広く開かれていること。 ということでした。 私の知らない間に世界の写真はそういうことになっていたのか!! 鹿児島という写真界のガラパゴス諸島に長く住んでいた私は、浦島太朗のようにその箱を開けてしまったのです。 30年前プロカメラマンとなった当初思い描いた 「写真家になりたい!」 という夢が再び頭を擡げた瞬間でした。 それからというもの、毎日のようにWEB検索をして、今、世界の写真界で起こっている出来事を片っ端から調査しました。そんな折、ふと目に止まったワークショップ体験談のレポート。 それがMeiHouseワークショップでした。 「写真で何を語りたいのかわからない」「写真のメッセージが届けられていないと悩む写真家」「そんな疑問や悩みをお持ちの方を対象として」 と、主催するMirageGalleryのホームページには書いてありました。 「それ、俺だ!」 と、参加申し込みを決意しました。 実際に参加してみて、それはそれはもう、「目からウロコが取れる」などという生温い表現では収まり切れないほどの衝撃を受けました。 朝の8時、朝食から始まる写真談義は、そのまま一日中、休むことなく、夜を徹して明け方まで続きました。そのおかげで写真について熱く語り合える仲間もたくさん出来ました。 日本の辺境の地に20年も幽閉され、孤独を味わっていた私にとって、こんなにも楽しい時間が他にあっただろうか?と思えるような、夢のような三日間でした。 私はこのMeiHouseワークショップに参加して 1)写真を言語化して分解し、再構築することでプロジェクトをより明確に方向付けること 2)何でも自由に撮っていい=かえって不自由になってしまう。写真に「縛り」をかけ、その中で考えることが作品作りには重要で、尚かつ、ゴールにより早く到達できる 3)写真を「撮る」のではなく、自分の感情や訴えたいことを写真に「語らせる」ことが写真家の仕事なのだ! というような、今後の作品作りにとって、とても参考になるヒントをたくさん学びました。 私はこのワークショップに参加して本当に良かったと思っています。 そして、いつの日か、私のこのレポートを読んで「私もMeiHouseワークショップに参加してみようかな?」 と、思う人が出ることを切に願います。 なぜならば、私は今、晴れ晴れとした気持ちで、自分の写真に真剣に向き合える。そんな覚悟ができました。 写真の道は「覚悟」の連続です。 命をかけて写真に向き合えるのか? そんな難しい問いに、ようやく、私は 「YES!」 と、答える「覚悟」が出来ました。 そして、いつの日か 「この記事を読んで私の人生が変わりました!」 と言ってくれる、未来の友人ができることを願って止みません。...

2月 メイハウスワークショップ参加者募集中

RAIECでは2月下旬、表題のMei House Photography Workshopを開催します。 このワークショップでは、ビジュアルストーリーテリングの手法を学び、グループワークを中心に、自分の写真が他者からどのように見えているのか、 自分の意図が相手に明確に伝わっているのかを明らかにすることを目的としています。 二泊三日の濃密な時間をあなたと共有できればと思います。 Mei House Photography Workshop 開催地:神戸市六甲山 六甲サロン Mei House(愛称) 開催期間:2018年2月23日(金) - 25日(日) 講師:岡原功祐 / タカザワケンジ / 杉山 武毅   内容:グループワーク①作品の言語的分解 グループワーク②コミュニケーションによる写真編集 アーティストプレゼンテーション など *詳細は下記スケジュールをご確認ください   参加費:65,000円 参加費に含まれるもの 宿泊費 (2泊23日24日) 食費(夕食・朝食・昼食・夕食・朝食) 交通費(阪急六甲駅タクシー往復) お支払い:銀行振込 本ワークショップ参加に対し、資金面での問題がある方はあらかじめご相談ください 分割でのお支払い等対応可能です 定員:15名 (最少催行人数8名) 申し込み方法:info@miragegallery.jp にメール タイトルを「メイハウスワークショップ参加希望」としてください 食事アレルギーのある方はお知らせください スケジュール 2月23日(金) 午後2時  阪急六甲駅北側集合 午後3時半までにMei Houseチェックイン 午後3時半 オリエンテーション 午後4時  講義「現代写真に求められるもの」タカザワケンジ 午後6時  グループワーク説明 杉山 午後6時半 グループワーク「作品の言語的分解」 午後8時  夕食 午後10時  ナイトセッション 2月24日(土) 午前8時  朝食 午前9時  講義「作品をコンセプト化するために必要なこと」岡原功祐 午前10時 アーティストプレゼンテーション 1st 午後12時 昼食 午後1時 講義「写真をめぐる最近の動向」杉山 午後2時  グループワーク 「コミュニケーションによる写真編集」 午後7時  夕食 午後9時半 ナイトセッション フリートーク 2月25日(日) 午前8時 朝食 午前9時 モーニングディスカッション「写真家の悩みを共有する」 午前9時半 アーティストプレゼンテーション 2nd 講評 午前11時 参加者からの振り返り・まとめメッセージ 午前11時半 チェックアウト 午後2時 ギャラリー再集合(希望者のみ) 「ギャラリー出版社、写真フェアなどとの付き合い方」 杉山 *講師・スケジュールは予告なく変更となる可能性があります 問い合わせ先 info@miragegallery.jp 078-335-6510 参加特典 2018年六甲山国際写真祭の事前審査料を割引します(¥6000→¥5000) 準備物 作品データ100イメージ程度 事前にメールで送ってください プリント2Lサイズ40枚程度 アーティストプレゼンテーションがありますので各自準備しておいてください 宿泊施設にはアメニティ・タオル等ございませんので、各自持参ください その他 食事アレルギー等がある方はお申し込み時にお知らせください 宿泊は基本2-4名の相部屋となります。 スケジュールの都合上、2日目以降の参加をご希望の方も別途ご相談ください...

写真表現マスタークラス in TOKYO募集開始

 写真で語る-優れた写真表現を追求するために 写真表現マスタークラスの東京開催が決定いたしました。 すでに作品シリーズを制作していて、写真家として世界を舞台に活躍の場を求めたいという方が対象です。 このワークショップでは、ビジュアルストーリーテリングの手法を学び、グループワークを中心とした写真作品の言語的解体再構築を通して自らの写真がどういうメッセージを他者にもたらしているのかを追求し、優れた写真表現とは何かを考えます。 講師はMirage Galleryの杉山武毅がつとめます。Gallery TANTO TEMPO(現Mirage Gallery)ディレクター、六甲山国際写真祭ディレクターとしてReview Santa FeやAngkor Photo Festival、Photo Lucidaなど海外レビューイベントでの豊富なレビュー経験に基づき、世界に通用する作品作りに必要なアドバイスを行います。 成果発表の場として、ワークショップ修了者によるグループ展をMirage Galleryにて開催します。 第1回-3回までの各回単体での受講やコミュニケーションワークショップのみのお申し込みも可能です。 ふるってご参加ください。   写真表現マスタークラス東京全6回コース+フォローアップミーティング1回   開講日 2018年3月30日(金) 講師  杉山武毅 受講料 ¥80,000- 税込 単体受講 第1回 第2回 第3回 各回¥15,000- 税込 第4回 コミュニケーションワークショップ  ¥20,000- 税込 定員 12名(7名以上で開講) 開催場所 カロタイプフォトワークス   詳細はこちら...

ワインと写真#6 石井陽子さん 「写真家のための広報講座」レポート

©Yoko Ishii ワインと写真#6はゲストに石井陽子さんをお迎えし開催しました。   石井さんは鹿写真家として、国内外のメディアに取り上げられ、活躍の場を世界に広げられています。 また、長年企業広報の第一線でもご活躍中です。 今回は石井さんに『写真家のための広報講座』と題し、入門編として、自身の作品の価値をどのように他者に伝えるか、ということを中心にお話いただきました。 ステートメントやポートフォリオレビューなど自身の作品について語るときに必要なことと共通項が多く、写真家の方にとっては非常に良い機会になったのではないでしょうか。   まず、メディアに取り上げてもらうためには、ニュース価値(社会にとって意味があるものか、新しさがあるかetc.)が欠かせないという点に留意が必要です。 この視点は作品を作る上でも非常に重要ですよね。   インタビューは受動的ではなく能動的に ・いかに自分の伝えたいメッセージを伝えるか 取材も記者の方とのコミュニケーションの上に成り立っていますが、常に主導権をめぐる駆け引きが行われているという点を改めて聞くと興味深く思われました。 高度なコミュニケーションスキルが必要とされますが、場数を踏み経験値をあげていくことでも補えると思います。   ・事前準備の重要性 新しい価値のあるものか、競合相手はあるか、主張の根拠の裏付けとなるものは明確か、先行研究やリサーチの重要性については、ワインと写真の他の回でも話題になる点です。   こういったアプローチはポートフォリオレビューなどの事前準備の際にも非常に参考になりそうです。 今回はメディアインタビューへの対応という観点でお話しいただきましたが、石井さんがおっしゃっていたことは、まさしく作品の言語化です。 ステートメントを書く上では ・自分の伝えたいメッセージが的確に伝わるか ・鑑賞者を惹きつけるストーリーがあるか ・受け手の視点に立って簡潔にまとまっているか といったポイントに置き換えることができると思います。   実際石井さんのお話は、聞き手への配慮がされていて、とてもわかりやすく説得力がありました。   後半では情報発信ツールの活用、世代ごとのSNS利用傾向やSNS広告の影響力などについて参加者同士の体験談をもとに情報交換が行われました。 ステートメントやポートフォリオレビューの準備にも共通することがわかり、 参加者の方からは大変有意義だったとの声が聞かれました。 貴重なお話をシェアしてくださった石井さん、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。       現在 Mirage Galleryにて石井陽子写真展『Life』を開催中です。 2月3日(土)午後6時よりアーティストトークを予定しています。 どのようにプロジェクトを発展させていったのか、今回のワインと写真とはまた違った視点からのお話になると思いますので、皆様ぜひご参加ください。 参加費¥1,000-  事前申し込み不要   ワインと写真とは ワインと写真−写真をめぐる討論会は、写真を制作している写真家あるいは写真に興味のある一般の方々を対象に、写真をめぐる様々な話題や問題点、写真集を読み分析したり、写真シリーズ制作上の悩みなどを共有するディスカッションです。 写真家同士の指名により、各回一名の写真家が自身のプロジェクトをもとに話題を提供し、参加者でディスカッションを行います。 どなたでもご参加いただけます。   これまでのワインと写真 #1 成田貴亨さん もうひとつのROSE GARDEN 写真のセレクトと編集 #2 辻まゆみさん 写真表現とジェンダー #3 中野智文さん 常識を疑え!社会批評的アプローチを考える会  社会に訴える作品づくり #4 増田貴俊さん コンセプチュアルアートをより良くするアイディアについて #5 楠本 涼さん アーティストブックと物語への招待 #6 石井陽子さん 写真家のための広報入門...

Motoko Sato

Mirage ONE展 アーティストトーク参加作家紹介第2弾

  現在開催中のグループ展 Mirage ONE 2017 参加写真家紹介第2弾をお送りします。 上村千恵子 「誤解を恐れず言うと」 同じ被写体を撮り続けるということに興味を持った頃、夫となる人と出会ました。 嬉しい日、そうでもない日、そしてつらいことがあった日も彼の写真を撮りました。 どれもが並列で、その繰り返しで毎日です。この日々が輝くのは、まだずっと先のこと。 わたしにとって写真を撮ることは、その目的地への道を確認する手段だと思います。 [caption id="attachment_21822" align="aligncenter" width="300"] Chieko Uemura[/caption]     佐藤素子 子どもの頃から生きることが苦しかった私は 死んだら植物になりたいと願っていた 生きることと死ぬこと 自らの生を恥じらう静かな狂気 明と暗の狭間に命はある [caption id="attachment_21820" align="aligncenter" width="300"] Motoko Sato[/caption]   永田愛奈 晴れときどきくもり 今回の作品は、人をもっと知りたいと考え、人は身に纏うものがなく、くつろげる自分のテリトリーに他者が存在するとき、どういう表情をみせるのだろうか、という好奇心や探究心から制作を始めたものです。 制作途中で、無性愛者という言葉を知り自分自身がこのセクシュアリティなのだと気付いた時、今まで対人関係において矛盾を感じたり、嫌悪感を感じていたことの理由がわかり、同時にそれをもっと理解してもらうために発信していかなければならないと思いました。 この作品はその発信していこうと決意し制作した初めての作品です。 [caption id="attachment_21818" align="aligncenter" width="300"] Aina Nagata[/caption] 升本眞理子 The shorelines 81 私は海が好きだ。そこへ行けば亡き父に会えるような気がするからだ。けれど波打ち際から先へは歩いては行けない。海は明らかに別世界であり、畏れも感じる場所だ。それはき っと精神や身体に奥深く刷り込まれている畏れであろう。先祖から私たちの暮らしはいつも海と共にあり、そこはやがて還りゆく場所でもあるのだ。私は円形のフォーマットを用いることで、リインカネーションの象徴としての海、そして和の心を表現している。 Mariko Masumoto     Mirage ONE展アーティストトーク 12月23日(土)午後6時より トークショー終了後、ささやかなクリスマスパーティーを開催します 事前申し込み不要・参加費無料 一品持ち寄り大歓迎 Mirage ONE展会期12月24日(日)まで みなさまのお越しを心よりお待ちしております...

Mirage ONE展 アーティストトーク参加作家紹介第1弾

みなさま、こんにちは。 現在開催中のグループ展 Mirage ONE 2017 12/23(土)アーティストトークに向け、写真家の方からメッセージが届きましたので、2回に分けてご紹介します。   井上雄輔 東京を中心に、魅力的なフォルムを持った被写体を探しています。 今回の作品は、走行中のコンテナトレーラーです。現在、世界の物流はコンテナを用いた流通システムによって支えられています。しかし、そのコンテナが街の中を走っていることに関心を持つ人はあまりいません。 インフラの一部として日常風景の中をただ流れて行くコンテナ。私はそれを高速シャッターで止めて撮ることによって、流通を可視化しようと試みています。 [caption id="attachment_21816" align="aligncenter" width="300"] Yusuke Inoue[/caption]   阪井陸真 「美しい」とはなんだろうか。 美の象徴ミロのヴィーナスを引用し、再構築することでその正体に迫る。装飾や体の尖りを排除し平滑化することでディテールを失い、ヴィーナスは溶けてしまった。美の象徴は、生々しい形状の「なにか」に変態したのである。このヴィーナスの魅力が溶け込んだ「なにか」を美しいと形容できるだろうか。妄想を膨らませ、この作品が美しいかどうか自身の目で見て判断して欲しい。 [caption id="attachment_21819" align="aligncenter" width="200"] RIKUMA_SAKAI[/caption] 砂村 栄力 「改訂版 アルゼンチンアリ-史上最強の侵略的外来種」 大学で研究していたアルゼンチンアリというアリを、世界5大陸を旅して撮影しました。写真を始める前、このアリの学術書を共著で出版したのですが、写真を撮ることで理解が深まり、本を改訂したくなりました。そこで、本に写真の貼り付けや書き込みを施し、仮想改訂版を製作しました。今回、その中から代表的なページをジークレーの技法で複製し、展示しています。 [caption id="attachment_21821" align="aligncenter" width="300"] Eiriki Sunamura[/caption]   薮口雄也 『コンテナの中の瞳』 施設のドアを開けた時、たくさんの瞳が私をとらえた。 その瞳は、私の知っている飼い犬の瞳とは違った。 私に向けられた犬たちの瞳は、人間に向けられた瞳でもあった。 [caption id="attachment_21823" align="aligncenter" width="218"] Yuya Yabuguchi[/caption]   Mirage ONE展アーティストトーク 12月23日(土)午後6時より トークショー終了後、ささやかなクリスマスパーティーを開催します 事前申し込み不要・参加費無料 一品持ち寄り大歓迎 Mirage ONE展の会期は12月24日(日)までです。 みなさまのお越しを心よりお待ちしております...

ワインと写真#5 楠本涼さん 「アーティストブックと物語への招待」レポート

©Ryo Kusumoto ワインと写真#5はゲストに楠本涼さんをお迎えし開催しました。 楠本さんが制作されている「連獅子」は、日本舞踊の舞踏家の一生と、芸の継承を取材されたシリーズです。ある舞踏家の生い立ち、師匠から弟子へと受け継がれる現代の継承の形をブックという手段で表現しようとしています。 今回はどのように作品をブラッシュアップしていったのか、その試行錯誤の過程をご紹介いただきました。   始まりは1冊の小さなノートから 写真のセレクトを繰り返し、少しずつ改良を加えながら作られたという全15版。 机に並べられたそれらを順に見ていくことで、作家の思考を追体験でき、非常に興味深いものでした。   楠本さんは師匠とお弟子さんの人生を一つの演目に落とし込むことで作品として昇華していきます。 リサーチを繰り返し、被写体との対話を重ねることでより作品を深める一方、今まで構成の中心にあった象徴的な舞の写真を除外することを選択します。 それらをまとめた「もう一つの連獅子」が名取洋之介写真賞奨励賞を受賞されます。目的に応じた編集の成功例としても参考になると思います。   その後のディスカッションでは最近の本づくりの傾向として、 装置に凝りすぎてしまい、読者が追いつけない。 リサーチを深めることで作者だけがわかったつもりになってしまう。 凝った作りにしようと、作品の中身と装丁のバランスが崩れてしまう。 といった意見やファウンドフォトを用いた作品の是非についての言及もあり、示唆に富んだものとなりました。   一切の妥協を許さず、今回の物語の主人公である舞踏の師匠にも認められるほどの楠本さんの真摯な姿勢に多くの学びを得ることができました。 今回ご紹介いただいた楠本さんの最新作は、来年初頭販売予定とのこと、最終的にどのような仕上がりになるのか、とても楽しみです。 楠本さん、特別ゲストとして遠方よりお越しいただいたやまとふみこさん、ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。...

写真表現中級コース10月期スタートお申し込み受付開始しました

ワークショップ写真表現中級コースの詳細 10月期スタートの写真表現中級コースお申し込み受付を開始致しました。 こちらはすでに写真シリーズを制作中の方を対象に、より作品の質を高めるために必要なことが学べる3ヶ月6回コースです。 1回目  目標の共有 10月14日(土)17:30-19:30 このセッションでは、写真家が描いている目標地点を時間をかけて確認し、どのようなゴールを描けばいいのかを設定します。そのために、どのような写真作品を制作したいのかを、世界のいくつかの写真作品を眺めながらディッスカッションします。また、ディスカッションを行うにあたり、写真メディア・アートの持つべきいくつかの要素を明らかにし、共有します。 2回目  プロジェクトチェック 11月4日(土)17:30-19:30 写真家の作品を講師にプレゼンテーションしていただきます。そのことにより、作品に何が足りていて何が足りないのかを、あらゆる方向から検討し、現在位置から到達できそうな目標地点をより具体的に設定します。 3回目  テーマ・ストーリー・モチーフ 11月18日(土)17:30-19:30 現在制作している作品シリーズのテーマやストーリーを明確にします。それとは別に、宿題テーマを用いて簡単な新しいシリーズを制作する準備を行います。この新シリーズは、約1ヶ月半の制作期間で中間評価、アドバイスを行い、最終日に現在の作品シリーズとともにプレゼンテーションを行なっていただきます。 4回目  評価者の評価ポイントを知る 12月2日(土)17:30-19:30 写真の評価は、評価者によってもその評価の仕方は異なります。しかし、多くの場合、評価される要素は「写真の方向性」「作品の広がり」「作品の強さ」など、共通しています。これらの評価ポイントを知ることはとても重要ですので、このセッションで共有します。 5回目  コンセプト化の作業 12月16日(土)17:30-19:30 作品が平坦になってしまう原因は、多くの場合コンセプト化に失敗していることがその理由にあげられます。なぜこの作品を作ることになったのか(契機)、どういう方法で取り組むことにしたのか(方法)、誰に見せたいのか(対象)、何を伝えたいのか(コンセプト・ストーリー)をおさえれば、もうそれは立派な作品になっているはずです。このセッションでは第2回目に明らかにした不足の要素をもとに、作品の再構築の作業を行うとともに、ステートメントを作ります。 6回目  プロジェクトチェック2回目 12月30日(土)17:30-19:30 2回目のプレゼンテーションを行なっていただきます。このセッションでは、最初にえがいた目標地点と、ワークショップ修了時の到達点を比較し、自分の作品がいかに変化したかを確認していきます。さらに、これからの写真作品づくりについて、展望をしていきます。   *後半の日程につきましては受講者の皆様のご都合に合わせて調整することも可能です。 お申し込み方法 info@miragegallery.jpまでご連絡ください その際タイトルは「写真表現中級コース参加希望」としてください 受 講 料  ¥40,000-(初回時に受付にてお支払いください) ミラージュメンバーシップ会員の方は10%割引適用 定   員  6名   本ワークショップは、RAIECの杉山が講師を務めます。また、国内の写真専門家を迎えレビュー、レクチャーを受けていただく可能性があります。 杉山は、Gallery TANTO TEMPOディレクターを経て、六甲山国際写真祭ディレクター、Review Santa Feレビュワー、Angkor Photo Festivalレビュワー、Photo Lucida Critical Mass選考委員など、海外での活動を通じて広く写真家の支援を行なっています。 このワークショップから上級ワークショップと活動を深められた方は、Mirage Galleryにおいて企画展に参加できる可能性があるほか、予備審査なしで来年の六甲山国際写真祭ポートフォリオレビューへの参加を認められる可能性があります。世界に通用する写真シリーズを作りたいとお考えの方は、ぜひこの機会にご参加ください。...