MIRAGE GALLERY | Mei House 2018
21946
page-template-default,page,page-id-21946,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

写真シリーズを制作してはいるけれど写真で何を語りたいのかわからない、いまひとつ写真のメッセージが届けられていないと悩む写真家の姿を見かけます。それらは写真の核となるテーマが不在であるか、コンセプトの芯や物語の中核となる「語り」が不在であることが原因になっている場合がほとんどです。

これらの問題は、自分の作品をよく見直し、客観的に写真を構成し直すことで簡単に見違えるような作品に変えて行くことが可能です。

 

そんな疑問や悩みをお持ちの方を対象として、RAIECでは2月下旬、表題のMei House Photography Workshopを開催します。

このワークショップでは、ビジュアルストーリーテリングの手法を学び、グループワークを中心に、自分の写真が他者からどのように見えているのかを検証し、自分の意図が相手に明確に伝わる写真編集を行うことを目的としています。

二泊三日の濃密な時間をあなたと共有できればと思います。

Mei House Photography Workshop

開催地:

神戸市六甲山 六甲サロン Mei House(愛称)

開催期間:

2018年2月23日(金) – 25日(日)

講師:

岡原功祐

タカザワケンジ

杉山 武毅

参加費:¥65,000(税込)

参加費に含まれるもの

宿泊費 (2泊23日24日)

食費(夕食・朝食・昼食・夕食・朝食)

交通費(阪急六甲駅タクシー往復)

お支払い:銀行振込

本ワークショップ参加に対し、資金面での問題がある方はあらかじめご相談ください

分割でのお支払い等対応可能です

定員:15名(最少催行人数8名)

 

申し込み方法:info@miragegallery.jp にメール

タイトルを「メイハウスワークショップ参加希望」としてください

 

問い合わせ先:info@miragegallery.jp

078-335-6510

 

参加特典:2018年六甲山国際写真祭の事前審査料を割引します(¥6000→¥5000)

準備物:作品データ100イメージ程度 事前にメールで送ってください

プリント2Lサイズ40枚程度

アーティストプレゼンテーションがありますので各自準備しておいてください

宿泊施設にはアメニティ・タオル等ございませんので、各自持参ください

 

その他:食事アレルギー等がある方はお申し込み時にお知らせください

宿泊は基本2-4名の相部屋となります。

スケジュールの都合上、2日目以降の参加をご希望の方も別途ご相談ください

スケジュール

2月23日(金)

午後2時  阪急六甲駅北側集合

午後3時半までにMei Houseチェックイン

午後3時半 オリエンテーション

午後4時  講義「現代写真に求められるもの」タカザワケンジ

午後6時  グループワーク説明 杉山

午後6時半 グループワーク「作品の言語的分解」

午後8時  夕食

午後10時  ナイトセッション「写真で生きていくことは可能か」

2月24日(土)

午前8時 朝食

午前9時 講義「作品をコンセプト化するために必要なこと(仮)」岡原功祐

午前10時 アーティストプレゼンテーション 1st

午後12時 昼食

午後1時   講義「写真をめぐる最近の動向」杉山

午後2時  グループワーク 「コミュニケーションによる写真編集」

午後7時  夕食

午後9時半 ナイトセッション「写真のバックヤード」

2月25日(日)

午前8時 朝食

午前9時 モーニングディスカッション「写真家の悩みを共有する」

午前9時半 アーティストプレゼンテーション 2nd 講評

午前11時 参加者からの振り返り・まとめメッセージ

午前11時半 チェックアウト

午後2時 ギャラリー再集合(希望者のみ)

「ギャラリー・出版社・写真フェアなどとの付き合い方」 杉山

*講師・スケジュールは予告なく変更となる可能性があります