MIRAGE GALLERY | Mirage One 2018 参加作家紹介 #8 吉田篤司
22309
post-template-default,single,single-post,postid-22309,single-format-standard,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

Mirage One 2018 参加作家紹介 #8 吉田篤司

こんにちは。Mirage Galleryのウジカワです。

現在開催中のMirage One 2018。早いものであと4日となりました。

今回のグループ展には、Unknown Asiaや六甲山国際写真祭、関西御苗場などから選ばれた10名の写真家が展示参加しており、

RAIEC写真表現WORKSHOP マスタークラス第一期生の修了展も兼ねています。

本ブログでは、参加写真家のみなさまからのメッセージをご紹介しています。

今回ご紹介するのは、吉田篤司さん。

吉田さんはRAIEC写真表現WORKSHOPを受講され、今年の六甲山国際写真祭にも参加されていました。

以下、吉田さんからのメッセージです。

 

****************************
吉田篤司  Atsushi Yoshida

こんにちは。

ミラージュワン写真展に参加している吉田篤司です。

六甲山国際写真祭のポートフォリオレビューにレビューイとして参加した事がご縁で、今回の写真展に参加させていただきました。

写真を撮り始めたころは風景写真を撮っていましたが、六甲山国際写真祭に参加して、ストーリーテリングでの作品表現を知り、作品作りを始めました。

私は、愛知県で生まれ、学生時代まで過ごしました。

その後、仕事の関係で親を残して愛知県を離れ今に至ります。故郷を離れて数十年が過ぎてしまいました。

忙しい毎日でしたが、あっと言う間に時が経ち、気が付けば、故郷に古い家と、年老いた親がいました。

何も変わらないと思っていたものが、大きく変わっていた現実を目の当たりにしました。思えば、仕事に夢中になっていた間に、長い時間が過ぎていたのです。

そんな虚しさを作品にできればと、故郷へ戻るたびに、写真を撮りためてきました。

親が長年使っている椅子、手入れしていた庭など、長く経た家や過ごした街を写真に収める事で、あっというまに過ぎてしまった時間の穴を埋めている気がします。

© Atsushi Yoshida

今回はその作品の中から、3枚を展示しております。

お時間ございましたら、是非ご覧下さい。宜しくお願い致します。22日は在廊致します。色々なご感想をお聞かせ頂ければ幸いです。

****************************

吉田さんありがとうございます。
吉田さんも参加されるトークショーは12月22日(土) 開催です。

 

Mirage One アーティストトーク&忘年会Party

日時:12月22日(土)午後6時から午後8時半頃まで
参加無料

日頃の感謝を込めまして、みなさまと楽しいひと時を共有できると嬉しいです。
ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。
ご参加いただける方は「参加する」にチェックをお願いします。

 

Mirage One 2018 

会期:2018.12.8(土)-12.23(日)
12:00-18:00 月火祝定休 *23(日)は祝日ですが通常どおり営業します
展覧会詳細は コチラ

 

Ayaka Ujikawa