MIRAGE GALLERY | Mirage One 2018 参加作家紹介 #6 鈴木かずなり
22289
post-template-default,single,single-post,postid-22289,single-format-standard,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

Mirage One 2018 参加作家紹介 #6 鈴木かずなり

こんにちは。Mirage Galleryのウジカワです。

現在開催中のMirage One 2018。早いもので会期も折り返しとなりました。

今回のグループ展には、Unknown Asiaや六甲山国際写真祭、関西御苗場などから選ばれた10名の写真家が展示参加しており、

RAIEC写真表現WORKSHOP マスタークラス第一期生の修了展も兼ねています。

本ブログでは、参加写真家のみなさまからのメッセージをご紹介しています。

今回ご紹介するのは、鈴木かずなりさん。

鈴木さんは今年の六甲山国際写真祭にも参加されていました。

以下、鈴木さんからのメッセージです。

 

****************************

鈴木かずなりと申します。

学生の頃に初めて一眼レフを購入してから、気が付けば20年、写真に関わって生活しています。

都市の風景をスナップしたり、売れないインディーズバンドを何年も追っかけて撮ったりしていましたが、2017年が私にとって大きな転換期で、それから私にとって写真が変わりました。

福島で目にした非現実的な景色と心臓手術。病気をして思ったのは自分の事は自分ではわからないという事です。

オリジナル、リアル、ストレート、ドキュメンタリー、感覚とか写真に付き纏うテーマよりも、写真を使ってわかりづらい毎日の生活を考えるきっかけになればと思うようになりました。

作品は意識についての考察です。手術した後に、予期せぬ体調の異変が起きるようになり、意思と無意識について改めて考えるようになりました。

私が切り取った景色は何百年も前から見られてきた場所で、今までどれだけの人がこの場所で感動したかと思うと想像が広がります。

全く意識をしていない事に、強く影響を受けている事が日常生活で多くあるという事を考えるきっかけになればと思います。

                                          ©Kazunari Suzuki

 誰もが簡単に写真を撮れる環境の今の時代に、写真でどうやって表現するかの正解は1つではなくなりました。

全ての人に身近になった時に、改めて写真を使って表現する事を考えるのはとても刺激的で、時には辛い作業ですが、色々な人と繋がれるツールだと思うと面白いです。

22日は在廊予定です。よろしくお願いします!

****************************

鈴木さんありがとうございます。
鈴木さんも参加されるトークショーは12月22日(土) 開催です。

 

Mirage One アーティストトーク&忘年会Party

日時:12月22日(土)午後6時から午後8時半頃まで
参加無料

日頃の感謝を込めまして、みなさまと楽しいひと時を共有できると嬉しいです。
ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。
ご参加いただける方は「参加する」にチェックをお願いします。

 

Mirage One 2018 

会期:2018.12.8(土)-12.23(日)
12:00-18:00 月火祝定休 *23(日)は祝日ですが通常どおり営業します
展覧会詳細は コチラ

 

Ayaka Ujikawa