MIRAGE GALLERY | Mei House Photography Workshopが終わりました
22042
post-template-default,single,single-post,postid-22042,single-format-standard,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

Mei House Photography Workshopが終わりました

先日、Mei House Photography Workshopを開催しました。会場となったのは六甲山国際写真祭でも宿泊施設、ワークショップ、BBQ会場になっている六甲山頂の通称Mei Houseです。
RAIECのワークショップは、現代の写真の現実を踏まえて、どうすれば自分の作品をよりよく見せられるのか、写真でほんとうに語りたいものは何か、写真で何を実現しようとしているのか、写真を誰に伝えたいのかという、考えてみればごく当たり前のことに気づきを得てもらうものです。商品やサービスなど、新しいモノ、コトを生み出す時に必要な要素とは何かを考えると、当然誰もが考えるべきことだと思います。ところが、写真家の多くは、回りくどいというか、何か特別なオブラート(言葉や感傷的な雰囲気)に作品を包み込んで、直接的な訴えをしないことがほとんどです。これは表現のスタイルが欧米のそれと異なることも原因ですが、やはり当たり前な訴えをするのに何か足りない要素があるのではないか、と写真そのものに自信がないために回りくどく説明的な言葉が挟み込まれ、結果として観るものに伝わらないことが多いのだと思います。Mei Houseでは、この回りくどさをとりあえず解除して、すっきりとした見え方に転換させることを主眼にワークショップを進めました。
まず、現代写真とは何か、というキーワードでタカザワケンジさんにお話いただきました。現代の日本の若手写真家数人のアイデアに溢れる写真、写真作品、写真の構成について、独特の視点で話していただきました。これは写真が単に写真や写真の羅列で語られているのではなく、時として写真外の要素や写真集や展示の構成でいくらでもパワーを得られるという例として示されました。僕はYouTubeやInstagramが膨大な広告費を動員してユーザーとアーティストの橋渡しをしている現状に対し、どうして「写真」がお金という観点で後塵を拝しているのかや、参加者のもっとも気になるニュースを尋ねた上で、自身の作品作りとそれらのニュースとの間にどれくらいの興味の開きがあるのか質問をぶつけディスカッションを提起してみました。その後、皆の作品をプレゼンしていただき、それぞれの作品について岡原さんや参加者の皆さんで掘り下げて理解するディスカッションを行いました。また、ストーリーテリングの原則を理解していただくために、いくつかのキーワードを使用して短編小説を書いていただきました。
2日目には70−100枚程度の写真をテーブルにならべ、岡原さんと僕と参加者とで編集作業を行いました。編集には、前日に作品から読み取ったキーワードを用い、ポートフォリオレビューに応募する程度の20枚程度に絞り込み、同時にもっとも適切な言葉を用いてステートメントを制作しました。
最終日には小説の朗読会を行いましたが、固定されたキーワードから生まれてくる小説が似通うことを学び、それゆえに伝えたい物語に含まれるべき言葉も強くブレない言葉で綴る方が物語が伝わりやすいということを学んでいただきました。
2泊3日という短い時間でしたが、おそらく参加者のみなさんは多くのことを学び、作品が実感として変化したことを理解されたと思います。RAIECでは東京ワークショップを3月末から、神戸では4月期のミドルクラス、マスタークラスの受講生を募集しています。奮ってご参加ください。

takeki