MIRAGE GALLERY | CHAN DICK写真展”Chai Wan Fire Station”を開催します
21431
post-template-default,single,single-post,postid-21431,single-format-standard,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

CHAN DICK写真展”Chai Wan Fire Station”を開催します

香港在住の写真家・Chan Dickさんの表題の写真展を、新しいRAIEC MIRAGE GALLERYのこけら落とし写真展として開催します。

Chan Dickさんは2016年の六甲山国際写真祭のゲスト写真家の一人で、またポートフォリオレビューに参加した写真家です。定点観測というありきたりな設定ではありますが、消防署の中庭で繰り広げられる様々な事象をとらえたこれらの作品は、その安定した美しい絵作りによって高い完成度を誇り、秋には写真集出版とあわせ、東京でも展覧会が開催される予定です。

ぜひお楽しみに。

 

これはすべて偶然と好奇心とで始まった。私は6~7年をワークショップで過ごしたのだが、トイレの換気扇がいつも閉まっていることに気がついた。なので、外の風景を気にとめることもなかったのだが、あるとき、この換気扇が青色の中で唸っていることがあった。そこで、私は初めて窓の外を眺めたのだ。そこでは、消防士たちがバレーボールに興じているのが見えた。トイレの窓は、Chai Wan Fire Stationに隣接しており、無限の景色が繰り広げられるのであった。集会、エンジンの清掃、子供達の訪問、バレーボールといったように。この小さな窓が好奇心の旅の新しい章を開いてくれたのだ。はじめはただ眺めていただけだったが、次第に引き込まれるようになり、目を閉じていてもその風景が浮かぶようになると、私はそれを撮影して作品にせざるをえない気持ちになった。そうして、始めてみると、もう止まらなくなっていた。

It all began with serendipity and curiosity. I spent six or seven years in that workshop and the ventilation shaft of the bathroom had always been shut. The scenery outside had never caught my attention until one day there was this howl out of the blue, so I went over to the window for a look.

And there they were – firefighters enjoying a game of volleyball. It so happened that the bathroom window of my workshop looked right over Chai Wan Fire Station, and offered a vantage point for an omniscient view of whatever was going on down there: assemblies, washing up fire engines, pupils’ visits, volleyball games. That tiny window opened up a brand new chapter of a curious journey. At first I only peered down out of curiosity, and spent a month just prying, but the more I looked the more I was intrigued. Those frames just popped up in my head even with my eyes closed, and no longer could I bear to leave them untaken. The itch acted up, and once started, I just couldn’t bring myself to stop.

Tags:

takeki