MIRAGE GALLERY | WORKSHOP
22000
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-22000,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

RAIEC写真表現ワークショップ第三期生(2018年4月期) 申し込み受付開始

写真で語る-優れた写真表現を追求するために

写真表現ワークショップ第三期(2018年4月期)の開催が決まりました。

ミドルクラスとマスタークラス同時募集となります。すでに写真シリーズを製作している方が対象です。

ビジュアルストーリーテリングの手法を学び、グループワークを中心とした写真作品の言語的再構築を通して、優れた写真表現とは何かを考えます。

講師はMirage Galleryの杉山武毅が勤めます。六甲山国際写真祭ディレクターとしてReview Santa FeやPhoto Lucidaなど海外レビューイベントでの豊富なレビュー経験に基づき、世界に通用する作品作りに必要なアドバイスを行います。

ミドルクラスは3ヶ月全6回、マスタークラスは6ヶ月全12回コースです。ミドルクラスとマスタークラスの前半6回は共通で、後半6回は個別での作品フォローアップが中心になります。

ミドルクラス修了後マスタークラスへのアップグレードも可能です。

ワークショップ概要

 

ミドルクラス  3ヶ月全6回コース

マスタークラス 6ヶ月全12回コース

 

開講日:2018年4月28日(土)

講師:杉山武毅

定員:6名

受講料

ミドルクラス   ¥40,000-(税込)

マスタークラス¥80,000-(税込)

 

開催場所 Mirage Gallery

650-0012 神戸市中央区北長狭通3-9-10青柳ビル303号室

Tel. 078-335-6510

JR/ 阪神元町駅東口より北へ徒歩3分

 

受講特典

六甲山国際写真祭への事前審査登録料優遇
Mirage Galleryや他イベントで個展、グループ展を開催

 

受講料に含まれないもの

グループ展出展料 別途

スケジュール

 

第1回 4/28(土)18:00-20:00

第2回 5/13(日) 18:00-20:00

第3回 6/2 (土) 18:00-20:00

第4回 6/16(土)18:00-20:00

第5回 6/30(土)18:00-20:00

第6回 7/7(土) 18:00-20:00

*第7回目以降の日程は参加者と相談の上決定

 

講義内容

 

第1回 世界の写真表現を眺めてみる

第2回 プロジェクトチェック

第3回 写真の物語を読み解くグループワーク

第4回 写真とリテラシー(小説を書いてみる)

第5回 ストーリーテリングとコンセプチャリゼーション

第6回 テーマ・モチーフをブラッシュアップする

第7回 批評のポイント

第8回 ステートメント

第9回 実際にイベントに申し込んでみる

第10回 プロジェクトチェック

第11回 プリントクオリティ

第12回 総評

修了展

*第7回目以降はマスタークラスのみ

お申し込みについて

 

お申し込み方法

メールにて ayaka@rokkophotofestival.com

タイトル「写真表現ワークショップ申し込み」

本文に1)氏名 2)希望コース を明記してください

 

お問い合わせ

078-335-6510 Mirage Gallery ウジカワまで

 

お支払い

銀行振込 詳細はお申し込み時にお知らせします

分割でのお支払いも可能ですのでご相談ください

 

事前準備物

1シリーズ20枚のイメージをデータ転送サービス経由でお送りください

写真表現とは?

写真表現とは、写真の技術的側面を含みながら、写真をいきいきと輝かせる写真の要素です。写真が輝くかどうかは、歴史に学び、新しい表現上の概念を有さなければなりません。Mirage Galleryのワークショップでは、「作品」をつうじて社会に何を訴えたいのかを、「写真表現」として実践を通して学びます。

世界を舞台に

現代の写真は、様々なテーマを巡って様々な手法で表現されたものが様々な枠組みで評価を受けるという、まさに写真戦国時代と言えます。国内の写真周辺に群がる写真家予備軍の数は無数といってよく、簡易な表現方法として写真を撮影する人が増えています。しかし、実際は写真家として収入をえたり、プロフェッショナルな表現者として世界に羽ばたける人はそう多くありません。Mirage Galleryでは、豊富な経験を有する写真専門家が講師を務め、写真家のストーリーを掘り下げながら、独自の方法で作品を世界に渡す手助けをします。

優れた写真とは?

優れた写真表現は、パーソナルあるいは社会性のあるストーリーをいかに優れた表現方法で強く、美しく描くかにかかっています。Mirage Galleryでは、グループワークや写真編集手法を取り入れることで、客観的で効果的なコンセプチャリゼーション(概念化)を目指し、テーマ、モチーフ、技術をめぐる世界的な評価ポイントへの到達を目指します。

写真表現マスタークラス in TOKYO

写真表現マスタークラスの東京開催が決定いたしました。 写真家として世界を舞台に活躍の場を求めたいという方が対象です。 ビジュアルストーリーテリングの手法を学び、グループワークを中心とした写真作品の言語的再構築を通して、優れた写真表現とは何かを考えます。 講師はMirage Galleryの杉山武毅が勤めます。六甲山国際写真祭ディレクターとしてReview Santa FeやPhoto Lucidaなど海外レビューイベントでの豊富なレビュー経験に基づき、世界に通用する作品作りに必要なアドバイスを行います。 成果発表の場として、ワークショップ修了者によるグループ展をMirage Galleryにて開催します。 各回単体での受講やコミュニケーションワークショップのみのお申し込みも可能です。

写真表現体験コース

写真表現とはどういうものかをやさしく理解いただく2回(1ヶ月)コースです。写真家という職業に興味のある全ての方に受講いただけます。

写真表現初級コース

写真を撮り始めて間もない方で明確なテーマや目標のない方を対象とするコースで、写真表現の基礎的要素について学びます。4回(2ヶ月)

写真集出版・編集コース

写真集出版を目指す、または写真編集によるストーリーテリングをこころざす写真家向けの6回(3ヶ月)コースです。

写真表現中級コース

すでに写真シリーズを制作している方を対象に、今後世界にその活動の舞台を求めようという目的を持つ写真家を対象とした写真表現中級者コースです。6回(3ヶ月)の期間に取り組むコースで、世界の様々な表現をみながら、自らの作品の言語的意味付け、クオリティーの向上を目指します。3ヶ月を修了すると、上級者コースにアップグレードすることができます。

写真表現上級コース

すでに写真シリーズを制作している方を対象に、今後世界にその活動の舞台を求めようという目的を持つ写真家を対象とした写真表現コースです。10-12回(6ヶ月)の長期間に取り組むコースで、世界の様々な表現をみながら、自らの作品の編集、言語的支持、クオリティーの向上を目指します。6ヶ月を修了すると終了展があり、また六甲山国際写真祭などへの事前審査を経ない参加が可能となります。

写真表現フォローアップセッション

すでに写真シリーズを完成させている方を対象に、作品の編集やチェック、今後の展開についてご相談いただけるセッションです

  • 写真表現体験コース
  • ¥5,000開始時に一括にてお支払い
    • 1ヶ月コース2回(土曜日・日曜日から選択可能)
    • 第1回世界の写真表現をながめてみる
    • 第2回写真家になるために(テキスト教材:I am Stevenを使用)

  • 申し込み
  • 写真表現初級コース
  • ¥20,000開始時に一括にてお支払い
    • 2ヶ月4回コース(平日・土日から選択可能)
    • 第1回写真家になるためには(テキスト教材:I am Stevenを使用)
    • 第2回世界の写真表現を眺めてみる
    • 第3回テーマ/ストーリーテリング
    • 第4回シリーズを構築する
    • 修了後上級コースへのアップグレードが可能です

  • 申し込み
おすすめ
  • 写真集出版・写真編集コース
  • ¥40,000開始時に一括にてお支払い
    • 3ヶ月6回コース(平日・土日から選択可能)
    • 第1回世界の写真表現を眺めてみる/作品チェック
    • 第2回写真の物語を読み解くグループワーク
    • 第3回写真とリテラシー(小説をかいてみる)
    • 第4回ダミーブックを制作してみる・その1
    • 第5回ダミーブックを制作してみる・その2
    • 第6回ダミーブック発表会
    • 修了後実際に写真集出版を企画することが可能です

  • CHECK
  • 写真表現中級コース
  • ¥40,000開始時に一括でお支払い
    • 3ヶ月6回コース
    • 第1回世界の写真表現を眺めてみる
    • 第2回プロジェクトチェックとグループワーク
    • 第3回テーマ・ストーリー・モチーフ
    • 第4回評価者の評価ポイント
    • 第5回コンセプト化の作業
    • 第6回プロジェクトチェック2回目
    • 上級者コースにアップグレードが可能

  • CHECK
  • 写真表現上級コース
  • ¥80,000開始時に一括でお支払いまたは2分割のお支払いが可能
    • 6ヶ月10-12回コース
    • 第1回世界の写真表現を眺めてみる
    • 第2回プロジェクトチェック
    • 第3回写真の物語を読み解くグループワーク
    • 第4回写真とリテラシー(小説をかいてみる)
    • 第5回ストーリーテリングとコンセプチャリゼーション
    • 第6回テーマ・モチーフをブラッシュアップする
    • 第7回批評のポイント
    • 第8回ステートメント
    • 第9回実際にイベントに申し込んでみる
    • 第10回プロジェクトチェック
    • 第11回プリントクオリティー
    • 第12回総評
    • 修了展
    • 年間スケジュールに添えない場合はパーソナルコースをおすすめします
    • 特典として、次年度の六甲山国際写真祭事前審査免除、事前審査料減免、六甲山国際写真祭期間中のワークショップ参加料割引などがあります

  • CHECK
  • 写真表現パーソナルコース
  • ¥120,000開始時に一括にてお支払いまたは2分割してお支払い可能
    • 6ヶ月10-12回コース
    • 主催者との調整で、6ヶ月間お好きな曜日時間帯に受講することが可能です
    • 第1回世界の写真表現を眺めてみる
    • 第2回プロジェクト評価(グループワーク)
    • 第3回写真の物語を読み解く(グループワーク)
    • 第4回写真とリテラシー(小説をかいてみる)
    • 第5回ストーリーテリング
    • 第6回テーマとして取り上げるべきもの
    • 第7回批評のポイント
    • 第8回ステートメント
    • 第9回実際にイベントに申し込んでみる
    • 第10回プロジェクトチェック
    • 第11回プリントクオリティー
    • 第12回総評
    • 修了展
    • 特典として、次年度の六甲山国際写真祭事前審査免除、事前審査料減免、六甲山国際写真祭期間中のワークショップ参加料割引などがあります

  • SEE MORE
  • 写真表現フォローアップセッション
  • ¥5,000訪問ごとにお支払い
    • すでに作品が完成しており、その後の作品の展開について意見を求めることが可能です
    • 1回60分のセッションです
    • 写真表現ワークショップ中級・上級を終えた方か、六甲山国際写真祭のポートフォリオレビュー参加経験者が対象です

  • CHECK