MIRAGE GALLERY | RAIEC
18859
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-18859,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive
Photo Culture – 写真文化の啓蒙

写真は、日々それに触れることがない日がないくらい一般社会に浸透しています。世界で起こっている出来事やニュースを伝える手段として、写真は依然もっとも有力なメディアです。写真文化の世界的な交流を通じて、私たちはより良いメディアとしての写真の立場を訴えていきます。

Education – 写真による社会教育

世界の優れた写真作品は、多くのことを私たちに教えてくれます。RAIECは、これらの優れた作品を展示したり作家と交流することを通じて、より良い社会を構築するための学びを得たいと考えています。

Photographer – 写真家育成

社会に強いメッセージを伝えるためには、美しくインパクトのある写真作品が必要です。RAIECでは、写真家に対する表現教育を通じて、社会に繋げられる作品作りを手助けします。

About RAIEC

RAIECは、教育やコミュニケーションを通じて社会をよりよいものにしようという芸術の立場からの提案です。

RAIECは、前身である神戸の写真ギャラリーGallery TANTO TEMPOを中心に、国内の写真専門家、アメリカやヨーロッパの文化芸術NPO、アジアの芸術の枠組み、神戸市内の大学などの教育機関などが連携して構成されたNon-Profitの組織です。2017年秋にはNPO法人化を目指しています。

RAIEC設立の目的は、日本の写真の評価のシステムの検討および国際化、写真コミュニティーの質的向上、写真評論や学術の質的向上、写真芸術と社会との関係性を問いかけるなど、写真芸術文化振興をその主たる目的にしています。

主たる事業

六甲山国際写真祭

六甲山及び神戸市内で毎年開催される国際写真祭

Mei House Photography Workshop

六甲山で開催される写真に関するワークショップ

Mirage Gallery

六甲山国際写真祭およびその周辺で活動する写真家を支援するギャラリーとして開設。写真集書店、ワークショップなどの活動を主たる事業とする