MIRAGE GALLERY | Mirage ONE展 アーティストトーク参加作家紹介第1弾
21858
post-template-default,single,single-post,postid-21858,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

Mirage ONE展 アーティストトーク参加作家紹介第1弾

みなさま、こんにちは。

現在開催中のグループ展 Mirage ONE 2017

12/23(土)アーティストトークに向け、写真家の方からメッセージが届きましたので、2回に分けてご紹介します。

 

井上雄輔

東京を中心に、魅力的なフォルムを持った被写体を探しています。
今回の作品は、走行中のコンテナトレーラーです。現在、世界の物流はコンテナを用いた流通システムによって支えられています。しかし、そのコンテナが街の中を走っていることに関心を持つ人はあまりいません。
インフラの一部として日常風景の中をただ流れて行くコンテナ。私はそれを高速シャッターで止めて撮ることによって、流通を可視化しようと試みています。

Yusuke Inoue

Yusuke Inoue

 

阪井陸真

「美しい」とはなんだろうか。
美の象徴ミロのヴィーナスを引用し、再構築することでその正体に迫る。装飾や体の尖りを排除し平滑化することでディテールを失い、ヴィーナスは溶けてしまった。美の象徴は、生々しい形状の「なにか」に変態したのである。このヴィーナスの魅力が溶け込んだ「なにか」を美しいと形容できるだろうか。妄想を膨らませ、この作品が美しいかどうか自身の目で見て判断して欲しい。

RIKUMA_SAKAI

RIKUMA_SAKAI

砂村 栄力

「改訂版 アルゼンチンアリ-史上最強の侵略的外来種」

大学で研究していたアルゼンチンアリというアリを、世界5大陸を旅して撮影しました。写真を始める前、このアリの学術書を共著で出版したのですが、写真を撮ることで理解が深まり、本を改訂したくなりました。そこで、本に写真の貼り付けや書き込みを施し、仮想改訂版を製作しました。今回、その中から代表的なページをジークレーの技法で複製し、展示しています。

Eiriki Sunamura

Eiriki Sunamura

 

薮口雄也

『コンテナの中の瞳』

施設のドアを開けた時、たくさんの瞳が私をとらえた。

その瞳は、私の知っている飼い犬の瞳とは違った。

私に向けられた犬たちの瞳は、人間に向けられた瞳でもあった。

Yuya Yabuguchi

Yuya Yabuguchi

 

Mirage ONE展アーティストトーク

12月23日(土)午後6時より

トークショー終了後、ささやかなクリスマスパーティーを開催します

事前申し込み不要・参加費無料

一品持ち寄り大歓迎

Mirage ONE展の会期は12月24日(日)までです。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております

Ayaka Ujikawa