MIRAGE GALLERY | 福岡県田川市に移住してみるという選択肢
21837
post-template-default,single,single-post,postid-21837,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.8.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

福岡県田川市に移住してみるという選択肢

報告ですが、先週末東京で移住ドラフト会議というイベントに参加してきました。

この移住ドラフト会議とは、みんなの移住計画というイベントのなかで、各地の移住計画をそれぞれ球団にみたて、移住希望者(選手)とのマッチングをプロ野球でいうところのドラフト会議形式で行うイベントです。主催者は、「壮大なるコント」と冗談交じりに言っていましたが、実際は各球団たる地域側の思い、選手たる参加者側の思いは真剣で、とてもよくできたイベントだと感じられました。

僕は10月の或る日の朝にこのイベントをニュースで知り、六甲山国際写真祭やMirage Gallery、僕自身の活動にとても有益な活動になるだろうと感じられたので、その朝のうちに申し込んでいました。

日本は、10年後20年後の人口が急速に減少する少子高齢化の渦の中にいて、ものすごい勢いでこの渦に巻き込まれることは避けられず、地方からの人口流出とあわせると、地方の人材確保は急務です。行政レベルでもその対策を掲げてプロジェクトを次々に打ち出している自治体が多く、また最近のコワーキング、シェアオフィス、シェアハウス、エコツーリズムなどを絡めて意識の高い若い世代の地方に移り住みたいという需要もかなり高まっているようです。ローカル、リモート、多地域拠点など、普段の僕の活動からは聞き慣れない言葉も飛び交っていましたが、そのマッチングイベントが今年初めて全国イベントとして東京で開催されました。

球団のトークセッションの様子

 

球団側は北海道から沖縄まで12地域から12の団体が来ていました。選手は50名足らず。初日は選手が2分間で自己PRし、球団側もどんな人材が必要かをPRをする前夜祭が開催されました。僕が驚いたのは、参加者が個人的なスキルを明確に伝えていたそのPR力の高さです。どういう経歴があり、キャリアを積んで、何を得意とするのかを明確に語って、自分の価値を語っていたことです。僕はどちらかというと、六甲山国際写真祭をはじめとしたプロジェクトを売り込もうとしていたので、これには慌てました。球団側には、農業、林業などの産業や伝統工芸などの継承者を求めているプロジェクトもあり面白いと思いました。

結果として、ギリギリで福岡県田川市のいいかねPalleteという廃校になった元小学校をつかって音楽やイベント、ホステルを運営するBOOKという会社に指名されました。田川市は福岡県の真ん中に位置する人口5万人足らずの町です。人口減少や産業衰退などの問題は他の地方都市同様抱えていると聞きます。今後1年に渡りどういうプロジェクトを作れるのか、移住するのかリモートでプロジェクトを作るのかなどを話し合い、3年以内に移住を含めて事業を開始可能か検討することになっています。もちろん、移住しなければいけないという縛りはなく、田川市のプロジェクトも、基盤は東京と田川の2拠点で活動しているようですので、やり方によってはリモートで十分に貢献できる可能性があります。

さて、僕は何をしようか。ひとまず来年1月にドラフトで指名された他の3名(ファンディング・ツーリズムなどが専門)と田川市を訪れて、行政やいいかねPalleteをみてこようと思います。もっとも短絡的に単純に考えると、写真集収集、展覧会開催、写真に関する子供達向けのワークショップ、写真家向けの表現ワークショップ、ドローンでのフィルム撮影ワークショップなどだと思いますが、宿泊施設も併設していることから、関西圏からの撮影ツアー、MeiHouseの九州版なども開催できるのではないかと思います。また、田川市の産業や移住促進につながる社会プロジェクトを今年の参加者(選手)全体で考えていくということも可能かもしれません。神戸と東京、田川と世界とをリンクしたアーティストインレジデンスといった大きめのプロジェクトも早々に提案してみようかと思っていますし、逆に田川で行なっているプロジェクトを神戸や六甲山に適用するという方法もあるのかもしれず、何か起こりそうでワクワクします。さてどうなるでしょうか。

移住ドラフト会議や、移住、地方創生、コワーキング、シェアハウス運営などに興味があればいちどドラフト会議のサイトをのぞいてみてください。今後このイベントは大きくなることが予想されるし、アートの地域参加、地域のアートの取り組みなどは、引き続き考える必要はあるとして、各地で開催されるアート祭という地域おこしの立ち位置だけでは続くことはないということもこのイベントに参加してみて確信しました。そういう全体像をみ渡せる視野をもつことも含めて、興味のある方はRAIECのチームに参加していろいろ勉強や提案をしてくださると嬉しいです。神戸移住計画なんかも人材確保、地方創生やアート支援、アート教育という位置付けで立ち上げたいと思っています。

またレポートします。

 

 

takeki